PCR検査採取対象が唾液へ|北九州市八幡東区枝光の歯医者

ゆうかデンタルクリニック
TEL:093-883-8666

診療時間
AM:10:00~14:00 PM:16:00~20:00

休診日  水曜/日曜/祝日

提携無料駐車場120台有り

ブログ

PCR検査採取対象が唾液へ

ブログ2020.05.05

→PCR検査採取対象が唾液へ

 

救急救命センター教授のいとこより情報が入りました。

 

留学していたRobert Wood Johnson Universityの関連校(横にあるRutgers大学)の研究チームが唾液によるCOVID-19のPCR判定が可能なことを報告し、FDAがこの方法を承認したとのこと。日本では北海道大学が試験を行っているようだとのこと。

 

 

以下は歯科医師会からの情報です。

 

新型コロナウイルスの実効再生産数を低下させるためには、サンプリングは鼻咽腔ではなく唾液検査が第一選択です。実効再生産数を低下させるために、飛沫感染の原因である唾液腺に由来する唾液のウイルスを殺菌力のある洗口剤で常に失活させることが大切です(洗口剤使用を推奨します)。受容体ACE2は唾液腺だけではなく口腔粘膜と舌にもありますので、舌磨きでウイルスにより死滅した細胞と生きたウイルスを舌磨きで除去することも大切です。

 

また、歯周病菌などグラム陰性菌のエンドトキシン(LPS)による新型コロナウイルス感染者のサイトカインストームを防止するためにこれまで以上に歯磨きとフロッシングを推奨し、歯肉炎のない状態を維持することが大切です。ウイルス性肺炎に続発する細菌性肺炎を防止するために、歯周病の治療は必須です。P.ginngivalisの増殖抑制のためのためのアジスロマイシンの処方は緊急時ですからためらう必要はありません。歯科医院では従来とはレベルの違う高度な予防歯科(薬剤の局所塗布)でエンドトキシン血症を防止することが大切です。よろしくお願いいたします。

 

4日前にサンフランシスコ臨床医から緊急提言が投稿されました。彼らはライム病の専門医でスピロヘータ科ボレリア属の最近に対する長期抗生物質療法を行っているそうです。700名の患者のうち一人も新型コロナウイルスに罹患していないそうです。ライム病の長期抗生物質療法がコロナウイルス感染を防いでいると彼らは考えています。つまり細菌性肺炎を抑えれば無症状だということになります。

 

 

 

 

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る